遺伝子組み換え大豆

ここ数年マスコミなどで取り上げられているこの言葉
大豆から作られるきな粉を材料に 五家宝を製造している私どもにとっても
いったいどのような物なのか 大変関心を持っておりました。            

そこでいろいろと調べた結果
  • 遺伝子組み換えとは
    農作物の遺伝子に 除草剤に強い遺伝子を組み込むなどして
    農作物の生産効率を上げようとする技術

  • なぜ必要なのか
    食料難が深刻化している現在の地球にとって
    遺伝子組み換えの技術が その打開策として期待されているから

  • 日本では
    厚生省は食品としての安全性を確認した上で
    大豆 トウモロコシなど遺伝子組み換え農作物 7品目の輸入を許可

  • アメリカでは
    米食品医療品局(FDA)が 遺伝子組み換え大豆の商業販売を認可

  • しかし
    専門家や消費者団体などから その安全性を疑問視する声も多い

と 言う事までは分かりましたが どうも今一つシックリきません。
そこで 味はどうなのかと思い 遺伝子組み換えの入った大豆と
普通の国産大豆を きな粉にして比べてみました。

その結果
国産大豆に比べると 遺伝子組み換え大豆の入った大豆は 香りがほとんどなく
味も大豆の持っている甘さを感じる事が出来ませんでした。
あくまで きな粉に限ってですが 今の段階での遺伝子組み換え大豆は
味、香りの面で きな粉にはあまり向いていないと思われます。

以上の事から 価格と言う面では大変魅力のある大豆ですが
私共の店では 使わない事に致しました。

遺伝子組み換え大豆について
もっと詳しく知りたい方は

日本一の大豆リンク集へ

back.gif (807 バイト)